ブログ

BLOG

Case : クロス張り

2022年4月1日

こんにちは。カブです。

今年初になる久々の施工事例紹介ですね。もう更新期間については何も言う事がありません。

さて今回のご依頼は、砂壁の改装です。

基本的に和室に使用されている砂壁。丈夫な下地の上に、色砂を糊液で練ったものが塗ってあります。断熱性や耐火性に優れるなどのメリットがあるのですが、勿論デメリットもあり、経年劣化でポロポロと砂が落ちてくるようになります。

塗りなおして元の見た目を保つという手段もありますが、それだとまたいずれ塗りなおす必要が出てきます。

今後砂が落ちないようにというお客様の要望で、クロスで仕上げることになりました。とはいえ、劣化が進んだ砂壁に直接クロスを張ることは難しいので、まずは合板を張っていきます。

それが済んだらいよいよクロス張りというところですが、実際に貼るのは専門の業者の方なので、作業風景はカット。

仕上がりはこんな感じ。元々の壁の色は緑でしたが、新しい壁は白色の石目調クロスをチョイスされました。和風なのはそのままに印象がかなり変わりましたね。

ご依頼ありがとうございました。では、また。